2015年09月10日 クロネコヤマト B2 「ご請求先顧客コード」の形式

デジカメプリント フォトカラー名古屋のトップページへ戻る

クロネコヤマト B2 「ご請求先顧客コード」の形式

クロネコヤマトのB2を使い、外部データ(CSV)を一括で取り込みたいときに「ご請求先顧客コード」で引っかかるという方のためにアドバイス

クロネコヤマトのB2は良く出来たソフト

クロネコヤマトのB2を使っています。送り状や払込票の印刷には欠かせないとても便利なソフトです。外部データの読み込みもExcel形式からCSVまで対応しており、少しパソコンが詳しい人ならさまざまな使い方が考えられるソフトとなっています。

「ご請求先顧客コード」で躓く

送り状や払込票を一件一件入力していくのは面倒なので、別システムが書きだした顧客データをB2に読み込ませるようにしています。そこで躓いたのが、
「ご請求先顧客コード」
ここに電話番号を入れても取り込み時にエラーが発生し、手作業による修正が必要となりました。

「運賃管理番号」も必須

当社に割り当てられた顧客コードは
「XXXXXXXXXX 01(株)フォトカラー名古屋」
XXXXXXXXXXが「ご請求先顧客コード」なのは分かりますが、その後ろに「01」という謎のコードがついています。何じゃらほい?と調べたところ、01は「運賃管理番号」であることが判明しました。さらにご請求先顧客コードと01(運賃管理番号)の間にある空白は「ご請求先分類コード」のようです。
つまりB2の請求先は
「ご請求先顧客コード」「ご請求先分類コード」「運賃管理番号」
の3つで成り立っているようです。そこで運賃管理番号に「01」の数字を割り当てたところ、エラーもなくすんなりと取り込むことに成功しました。

B2の一括取り込みでいつも赤色のエラーを直している方は一度お試しください。

Copyright (C) Photo Color Nagoya All Rights Reserved.